フィギュア制作の素材解説

「フィギュア制作」初心者向け素材まとめ

フィギュアの制作初心者向け素材まとめ

こんにちは、いいもの道具店の管理人です。

この章ではフィギュア制作に使う素材制作過程をまとめています。

様々なものづくりに応用できる知識ですので、ぜひ目を通してみてください。

アフロ猫
アフロ猫
フィギュア制作の基礎知識を知り、あなた流のものづくりの参考にしてください!
いっぬ
いっぬ
模型・ハンドメイドアクセサリーにも応用できるかな!?
アフロ猫
アフロ猫
可能性は無限大だよ!まずは知ることが武器になるのだ!

 

初心者でも分かるフィギィア制作の工程

①粘土やパテで造形して「原型」を作る

完成品の「原型」を作ります。

フィギュアは原型を型取りすることで大量に複製を作ります。

ですので、原型に傷があれば複製にそのまま出てしまいます。

アフロ猫
アフロ猫
原型作りはフィギュア制作で一番気を使う行程だよ!

 

主に石粉粘土、パテ、スカルピーなどの粘土系素材を使って造形していきます。

 

②シリコーンで原型の型取りをする

シリコーンは液体ゴムです。

液体ゴムは硬化剤を混ぜれば数時間で固まります。

原型にシリコーンをかけて固めれば、その原型の「型」になります。

いっぬ
いっぬ
シリコーンは複製作業では欠かせない素材なんだね!

 

シリコーンは工作用に販売している一般的なものを使います

 

③シリコンの型に「レジン」を流し、原型を「複製」する

レジンは合成樹脂の英語名です。

合成樹脂は主剤と硬化剤を混ぜ合わせることで固まる液体状のプラスチックです。

レジンをシリコン型に流し込んで固めれば、原型の「複製」ができます。

アフロ猫
アフロ猫
これで原型のコピーをたくさん作ることができる!

 

レジンはエポキシ系ウレタン系などの種類が豊富にあります

 

④パーツを塗装する

複製したパーツに色を塗ります。

ただし、レジンはキシレンを含んでいるので、塗料をただ塗ってもすぐに剥げてしまいます。

なので「下地塗装→塗装→仕上げ塗装」という手順を踏んでいきます。

アフロ猫
アフロ猫
塗装が終われば、やっとフィギュアが完成!

 

塗装は模型用の塗料、スプレーを使います。

 



まとめ

アフロ猫
アフロ猫
フィギュア制作に使う素材と制作過程、わかったかな?
いっぬ
いっぬ
もっと具体的に知りたくなるね!
アフロ猫
アフロ猫
それなら各解説ページも見てみてね!
いっぬ
いっぬ
たくさん見て勉強しよう!

 

フィギュア制作はもちろん、ハンドメイドアクセサリーのパーツ模型制作にも応用できる知識となってます。

あなたのものづくりのヒラメキになれば幸いです!